スティック・ディナー

キメラアント編で登場した。カイトのハンター仲間の一人で長身のアフロヘア男。現在はアマチュアの生物ハンター。原作では他のカイトの仲間と同様ほとんど登場場面が無かったが、新アニメ版ではいくらか会話に絡むシーンを与えられている。陽気な人柄で初対面のゴンとキルアに対しても積極的に話しかけていた。

名前がディナーだけにグループの夕飯を担当している。「ひょんじゃなくてウォン」などのくだらないダジャレが好きで、アニメ版における発言のほとんどがダジャレという有り様。

悪い奴では無いがつまらないおしゃべり野郎といった評価が妥当な人物。

続きを読む

メレオロン

キメラアントの師団長。名前を見て分かるようにカメレオン型のキメラアント。師団長という女王配下の蟻たちの中では極めて高い地位にいたが、レオルやヂートゥら同じ師団長たちと比べると当時はあまり登場機会が無かった。

女王の死後はザザンやレオル同様、自らが王となるべく外の世界へ出ることになる。しかしその際に人間だった頃の記憶を取り戻すと、メルエムによって殺されたペギーが自分の里親だったことを思い出す。

それによって急激に復讐心に燃えたメレオロンはメルエムを倒すためゴンに目を付けた。ゴンの秘めたる力と可能性を信じたメレオロンは自らの能力を明かして自ら討伐隊の一員として加わることを決意する。

続きを読む

ナックル=バイン

キメラアント編で登場。討伐隊参加の資格である割符を手に入れるためにゴンたちと対立する。見た目はリーゼントのヤンキーで如何にも悪そうな男だが、根はとても優しく野良猫や野良犬を見たら放っておけないタイプ。

最早優しという域を超えて「甘い」まで達しており、本来は敵であるはずのゴンに対して期限の日まで毎日の修行の相手を付き合ってゴンの戦闘能力の向上を手助けしていた。

本人曰く「自分が甘いのは師匠譲り」らしくそう考えるとモラウはどれだけ甘いのか心配になってしまう。

続きを読む

シュート=マクマホン

キメラアント編において討伐隊の参加資格を巡ってゴンたちと対決した。シュートと同じくモラウの弟子であるナックルとは性格が正反対でかなりの臆病。そのためナックルが毎日のようにごんと決闘をする中なかなか正体を見せなかった。

そのため予想と反してキルアが全くもって戦闘経験を積む事が出来なかった。これはビスケとしても予想外だったらしく実力でゴンを上回るキルアが、ゴン同様対決で敗北した要因となった。

続きを読む

ウェルフィン

キメラアントの師団長。女王の死後はレオルのようにメルエムの元へ行きシャウアプフに能力を開花させてもらった。レオル同様に小細工が得意な性格で、裏でこそこそ計画を練って自分が真の支配者になろうと企んでいた。

しかし宮殿の地下でハンター側に寝返ったイカルゴと遭遇し、その際自分の前世について思い出すヒントを提示された。この時の会話でウェルフィンは自分の前世の一部を思い出し、自分がジャイロの元で仕えていた事、そしてその王国がキメラアントによって殲滅された事を思い出した。

続きを読む