マチ 

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい 14,030views

幻影旅団の団員。旅団結成以来のメンバー。非常に鋭い目付きをしており、容姿全般においてキルアと似通っている。他人に対してあまり同調したり仲良くするタイプの人間ではないが(特にヒソカに手厳しい)、仲間意識は強くパクノダが団長を救うために一人で交渉に行こうとする際には、止めようとするフィンクスフェイタンを力づくでも足止めしようとしていた。

また感が非常に当たるようで、クロロもマチの感にはかなり信頼を寄せている。ゴンとキルアに関しても鎖野郎(クラピカ)と関わりがあるとして、結果としてパクノダの調査でも知りえなかった真実にいち早く辿り着いていた。

旅団における立場

念能力の性質上、敵の捕縛と追跡、仲間の治療を担当している。身体能力が高いため戦闘にも参加する機会が多いようでヨークシンでも何度か戦闘シーンがあった。

また先ほども述べた非常に当たる感によって状況を分析したりもする。ベーチタクルホテルでパクノダと合流した際、クロロが真っ先にゴンとキルアを再度調査させたのはマチの感をかなり当てにしている証拠だろう。

念能力について

念系統 変化系
オーラを変化させて念糸を作る変化系能力者。現在出てきた能力を見る限り自系統に非常に忠実な能力者であるようで、戦闘の際に念糸を強化する以外はほぼ変化系能力のみを使用している。ヒソカの性格別系統判断では変化系は嘘つきで気まぐれらしいが、マチに関して言うと当てはまってなさそう。

発(必殺技)

念糸を作り出してこれを様々な状況に応じて使っている。戦闘、捕縛、追跡、治療と非常に応用の幅がある能力で作中で登場した中で最も応用力がある能力の一つだと言える。逆にそれぞれの精度には限界があるようで、キルアを捕縛した際は闇に乗じて関節を外し脱出されている。

  • 念糸縫合(ネンシほうごう)
  • 念糸を使い切断された腕や肉体を縫合する能力。物凄い速度で縫うことが可能であり、かつ筋繊維や神経をほぼ100%つなぎ合わせる。ただし純粋に縫合を行うだけなので、傷を完治させるには対象者自身の回復力が不可欠になるため、この点がピトーの玩具修理者(ドクターブライス)と異なるである。ヒソカはこの能力を大変気に入っており(単にマチを気に入っているだけかもしれないが)、本人曰く間近で念糸縫合(ネンシほうごう)を見るために怪我をするらしい。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事