パクノダ

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい 9,181views

幻影旅団の団員。愛称は「パク」。旅団結成時からのメンバーで団員No.は9番。大人の女性らしく落ち着いた口調と物静かなオーラを漂わせている。自分が決めた事は貫き通す性格のようで、クロロが捕えられた際にクラピカとの交渉に一人で行かせる事をフィンクス達に反対されたが、彼らの静止を振り切ってでも行こうとしていた。

人情に厚い所があるようでクロロが捕えられた際には、クラピカの思惑通りになろうともクロロの身の安全を優先する決断をした。またゴンとキルアを連れてクラピカの元に行く際に、彼らが手負いの自分を振り切って逃げなかった事にとても感謝していた。

旅団における立場

相手の記憶を探る念能力を持っていることから最も信頼されている尋問係りである。シャルナークはパクノダの能力が代わりの効かないレアなもののため、旅団として失うわけにいかないと発言しており、旅団の中でパクノダがとても重要な存在であることを明言している。同様にクロロもパクノダを旅団の活動における生命線と位置付けており、他の団員によって守られる存在だとしている。

パクノダがいない際はフェイタンが拷問を担当したり、物凄くよく当たるマチの感などが旅団の行動を左右する情報要因になるが、情報の質や信頼性という面でパクノダが提供するものは絶対視されている。

念能力について

念系統 特質系
相手の記憶を読み取る能力なため、どう考えても特質系以外はあり得ない。ただし記憶弾(メモリーボム)は具現化系に属している能力であるため若干具現化系よりの特質系なのかもしれない。

発(必殺技)

基本の能力としては対象者に触れながら質問をすることにより、相手の記憶を呼び起こして質問内容に対して相手が知っていることを読み取る能力がある。この能力は記憶の最も深い部分である原記憶を読み取るため偽証は不可能になる。しかしパクノダ自身や旅団などがこの能力に対して過度の信頼を置くあまり、不適切な使用方法を行い鎖野郎(クラピカ)と関係のあるゴンやキルアから情報を聞き逃してしまった。この事からも使い方(質問の仕方)が非常に重要になる能力であることが分かる。

  • 記憶弾(メモリーボム)
  • 普段は戦闘用に使っている拳銃に具現化した特殊な銃弾を入れて放つ。放たれた相手はパクノダが共有しようとした記憶を得ることが出来る。一度に大量の情報を相手に伝える事が出来るため、口で話すのが面倒な際に役立つ。結果としてこの能力のおかげで旅団全員がクラピカについての詳細な情報を知ることになる。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事