摂食交配

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい 16,358views

キメラアント編で登場した概念で「捕食した動物の遺伝子を取り込み子孫の遺伝子に反映させる」という交配方法。キメラアントが行う特殊な交配らしく、この交配を行う事でキメラアントは短期間のうちに急激な生物進化を遂げることができる。

一見生物学上の正式な専門用語のように聞こえるが調べてみると生物学的にこのような名称の用語は無く、捕食した動物から遺伝子を取り込む事自体、人間が知っている生物では例が無い。

要するにHUNTER×HUNTERの世界でのみ通用する造語ということになる。

メリット

接触交配によるメリットは計り知れない。特に人間を捕食したことによるメリットは大きなもので、思考能力の発達に大きく貢献した。それに加えて念能力を獲得することにも繋がりキメラアントの主としての強さを飛躍的に向上させた。

キメラアントが人類の脅威と成り得たのは女王が人類の生息領域に侵入し、人間を捕食しその遺伝子を取り込んだことが大きな原因だと言って良い。

デメリット

人間の遺伝子を多量に取り入れたことで蟻本来の統率力が失われてしまいつつあった。この傾向は階級が上がるほどに加速する傾向があり、特に師団長クラスのキメラアントたちは顕著だった。コルトのように統率性を重視する師団長もいるにはいたが、レオルやザザンのような強い意志を持った師団長のほうが数が多かった。

また師団長よりも上の階級に位置する三人の護衛軍を見てもネフェルピトーやシャウアプフなどは個性の強い部類に入ると言える。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事