シズク 

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい 12,678views

幻影旅団の団員。団員No.は8番。旅団結成以来のメンバーではなく途中から加入した。旅団の中ではコルトピの次に腕相撲が弱く、ヨークシンでゴンと腕相撲をして負けている(ただし利き腕ではない右腕で)。また記憶力も非常に悪く数日後にゴンに会った際には腕相撲で勝負した事を完全に忘れており、フランクリンが詳細に説明しても全く思い出す気配は無かった。

ヒソカほどでは無いが、つかみどころが無い性格をしており何を考えているか分からない。クラピカとの交渉を巡って旅団内で対立した際もノブナガ寄りの意見を言った直後に後ろからノブナガを殴って気絶させており、それなりに付き合いのある団員にとっても次の行動が読めないようだ。

旅団における立場

シャルナーク曰く、パクノダと並んでレアな能力の持ち主。念能力を使用する事で証拠の隠滅や毒を吸い取る事による治療を行っている。多くの団員が結成当初から所属する中でシズクは途中から入ったこともあり、他の団員と比べると僅かに距離がある(ような気がする)。

ただ自らが旅団の一員であるという意識は強いようで、掟を破る事による蜘蛛(クモ)への否定を何よりも嫌がっている。

念能力について

念系統 具現化系
デメちゃんという特殊な掃除機を具現化しており、これによった攻撃や治療、清掃などを行っている。クラピカが具現化した鎖と比べるとより特殊なものを具現化しており、他の系統能力者では実現困難な独創性あふれる能力だと言える。

発(必殺技)

  • デメちゃん
  • デメちゃんというふざけた名前をしているが、掃除機に特殊な効果を付加して具現化したこの能力はとても利用価値が高く実用性に富んでいると言える。念(または念によって創られたもの)と生命以外あらゆるものを吸い取る事が出来る。またシズクが吸い取るよう指示した際には「ギョギョ」と叫んでおり、これと上部に付いている目玉が何とも気持ち悪い。

    また声を発する事や呼び方からも単なる道具というよりは一種の生物という特徴を備えているのかもしれない。少なくともシズク自身はデメちゃんにペットのような感覚で接している。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事