ゴトー

ゾルディック家の執事長。ゴン一向がククルーマウンテンに来た際に、執事用の屋敷で向かいいれた。

メガネをした背が高い痩せ型の男。執事としての仕事をストイックなまでに完璧にこなしており、ゾルディック家の人間の安全に関しては特に注意を払っている。ゴン達が執事室の館に電話をしてきた際にも、キルアの安全性を考慮して取り合わなかった。

続きを読む

ミルキ=ゾルディック 

暗殺一家の生まれにも関わらず、全く鍛えられた肉体になっていない。部屋の中もパソコンやアニメのフィギュアばかりが置いてあり、暗殺一家の息子というよりはただのオタクにしか見えない。見た目通り戦闘能力にも乏しいようで、キルアが家を出ていくのを止めようとした際に逆に攻撃されて負傷している。

その一方でパソコンやメカに強いらしくハッキングやプログラミングのトレースを得意としており、暗殺の仕事をする際も戦闘ではなく自分の開発した道具によって行っているようである。ただしゼノには「頭は良いが馬鹿なのが玉にキズ」と言われており、知的なのか馬鹿なのか今一よく分からない存在である。

また兄のイルミや弟のキルアが優れた容姿なのに対し、太っていることもあり決してイケメンとは言い難い容姿をしており、戦闘能力だけでなく数々の点で兄弟たちに遅れ取っている。ただし、一部のファンの間では痩せさえすれば端麗な容姿になるのではないかとの噂されている。

続きを読む

ゼノ=ゾルディック

キルアの祖父で暗殺者らしくない温厚な性格の持ち主。一日一殺など、とんでもない事が書かれた服を着ている。ちなみに日替わりのようで、出てくる度に違う文字が書かれている。

暗殺一家の人間であるにも関わらず人の命を重んじるなど、まっとうな考えの持ち主。キルアが暗殺一家の中で育ちながらも人殺しに対して抵抗を感じる要因の一つとしてゼノの存在があると思われる。

続きを読む

シルバ=ゾルディック

キルアの父親で現在のゾルディック家の家長的存在。暗殺者として非常に高い能力を備えており、作中で登場したキャラクターの中でトップクラスの戦闘力を持つ人物。

父親であるゼノと比べると背丈も高く、体つきもたくましく見た目からも手練れであることが分かる。キルアからも尊敬される父親であり、ゴン達が自宅を訪ねてきた際にはキルアに対して寛容な態度を見せた。

続きを読む

イルミ=ゾルディック 

ハンター試験ではギタラクルという名乗っており、針による変装をしていた。一旦、変装すると弟であるキルアでも見破る事が出来ず、ハンター試験の最終試験でイルミが変装を解いた後に初めて気が付いた。

冷酷な暗殺者を体現するような性格をしている。温厚なゼノよりも鉄仮面のシルバに性格が似たと思われる。冷酷で仕事である暗殺以外の事には興味を持たない(ただし、キルアや家族関係の事は別)。暗殺者として非常に高い能力を身に付けており、ヒソカが会長選挙の際にハンター達を見た目で戦闘力の点数を付けていた時にダブルハンターやトリプルハンターの集まりである十二支んよりも高い95点と評価されていた。

人付き合いなど縁が無さそうな性格だが、ヒソカやクロロと交流があるようで仕事の依頼を受けたり頼みごとをお願いしたりもする。ただしあくまでも必要最低限の付き合いであり、ビジネスライクな考えが前提にある。

続きを読む