キルアから見たHUNTER×HUNTER

アルカ=ゾルディック 

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい 59,108views

キルアがゾルディック家史上で最高の才能を持った人物だとすれば、アルカはゾルディック家史上で最も危険な存在だと言える。それにしてもシルバが産む子供にはゾルディック家の歴史に残りそうな人間が多い。

普段はどこにでもいそうな普通の女の子だが、何か頼みごとをすると目が黒くなるりナニカに変わりどんな願い事でも叶えてくれる。幼少期アルカと一緒にいることの多かったキルアがいち早くこの事に気が付いた。

シルバやイルミがこの事に気づくとその能力の恐ろしさはゾルディック家を滅ぼしかねないとして、それ以来密閉された個室にアルカを幽閉した。

キルアに対する態度

家族の中で自分に唯一優しく接してくれるキルアを非常に慕っている。ゴンを助けるために、幽閉されて以来初めて会いに来たキルアに対してその態度を責める事もせずに、とても嬉しそうに向かい入れていた。

キルアも妹としてアルカを溺愛しており、久しぶりに会いに行った際には、長い間幽閉されていたアルカに対して何もしてやれなかった事を心底悔やんでいた。その反省もありその後、他の家族(主にイルミ)と対立してまでもアルカを自由の身にしようとした。

家族紛争に一応の目途が立って、アルカの力で瀕死のゴンを回復させた後は親友のゴンと別れてまでアルカと行動することを選んだ。

念能力について

念系統 特質系
そもそもナニカの力が念能力に属しているかすら分からない。仮に念能力によるものだとすれば他の系統では説明が付かないので特質系だと予想。しかしそれまでの特質系能力者の力と比べると能力の質や種類があまりにも違いすぎるため念能力とはまた別の力だと考えるほうが自然だと言える。

ナニカの力

アルカが誰かから何かしらのお願いをされると急に目が黒くなりナニカが現れる。ナニカはどんなお願いでも聞いてくれる代わりに、その後にお願いごとの内容に応じておねだりを要求してくる。このおねだりはお願いをして来た相手にするのではなく、その人間とは別の誰かに行われる。おねだりをされた人間はそれを達成出来なければ死んでしまい、お願いの質が高い場合は当人だけでなく当人に関係する人間も死ぬ事になる。

しかしキルアだけはナニカに対してお願いではなく、命令という形で自分の要望を聞き入れさせることができるため、おねだりのリスクなしにナニカの力を使うことが出来る。ただし他の誰もナニカに対して命令をしていないため、必ずしもキルア以外の人間がナニカに対して命令出来ないとは限らない。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事