キルアから見たHUNTER×HUNTER

マーメン=ビーンズ 

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい 9,262views

名前を聞いてもほとんどの読者は誰のことか分からないだろう。マーメン=ビーンズとはネテロ会長の秘書で原作ではネテロとともに度々登場している。顔が人間離れするくらいに豆状の形をしており、ビーンズという名前そのままである。会長との付き合いは長いらいしが、未だに何を考えているのか予想する事は出来ないらしい。

とても地味なキャラではあるがその割にはハンター試験編以外でもたびたび登場しており、ことのほか登場回数の多い人物である。

ステータス

マーメン=ビーンズ ステータス

  • 念能力
  • 0点。恐らくは念能力者ではないだろう。彼の仕事はデスクワークであり典型的な裏方の人間なのだ。ハンター協会の人間ではあるものの彼自身はハンターではないだろう。最もその容姿を見る限り人間かどうかも怪しいが。

  • 身体能力
  • 4点。さすがにプロハンター級ではないだろうが、ネテロと行動をともにしている事を考えると多少なりとも心得はあるのではないか。

  • リーダーシップ
  • 4点。秘書という立場もあるが、自分から指示を出すタイプではなく、他人から受けた指示を確実にこなしていく人間。この手のタイプはリーダーシップをとる事を苦手とする場合が多い。

  • 人望
  • 7点。常識人でありながらネテロやジンのような変わり者ともまともな付き合いが出来る。またネテロの秘書として色々な場面で気を利かせている様子。

  • 分析能力
  • 6点。特別優れているわけではないが、ハンター協会内での副会長派の動きについてや会長選挙の際の言動を見る限り、基本的な分析能力は兼ね備えている。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事