キルアから見たHUNTER×HUNTER

『緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』の突っ込み所

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい 12,603views

『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』を見て思わず「おい富樫(先生)!」と突っ込みたくなるようなシーンが幾つかあったのでそれについて語っていきたいと思う。劇場版を見た人には共感してもらえる内容なのではと個人的には期待しているのだが……実際のところ私の独りよがりなのだろうか?

冒頭の30分がジャンプに掲載された内容を映像化しただけだった

ここが一番の突っ込みどころだった。「どんな始まり方なのか」と期待して見ていたら最初にクラピカとレオリオが登場した直後、劇場公開に先駆けてジャンプに掲載されたクラピカの過去編に突入してしまった。

こちらとしては既に二回も(ジャンプに掲載された時と劇場で配られた0巻で読んだ)見た内容をさらに映画でも見せられたのだからたまらなかった。「触りだけやるのかな?」と思いきや結構がっつり流れて冒頭の30分近くがクラピカの過去編に費やされてしまった。

そもそも全体で90分程度の作品で30分も使ったのだら実に3分の1近くが知っているストーリーを見る羽目になった。むしろまだ30分で終わったから良かったものの、15分くらい経過した時点で「ひょっとしたら半分以上、過去編で終わるんじゃないか?」と本気で心配になったくらいだった。

出だしからまさに「富樫(先生)クオリティー」圧倒されることになる。

ゴンとキルアが何故かウボォーギンを知っていた

ようやく物語が始まったと思いきや今度は死んだはずのウボォーギンが登場。「懐かしいなー」と思って見ていたら宿泊先の部屋からウボォーギンの姿を見たゴンとキルアが「あいつはウボォーギン!」と言い出した。

「いやいや、お前たち接点皆無だろ!」

恐らく劇場版を見た大半のファンはここで突っ込みを入れた事だろう。そもそもゴンとキルアが旅団に接触した時すでにウボォーギンはクラピカによって倒されており、二人がウボォーギンの名前を聞いたのは旅団に捕まってアジトに連行された時だった。

もっと言えば顔も見たことが無く、かつ名前も一度しか聞いたことのない相手の場合少ししたら忘れてしまうのが普通ではないか。にも関わらず、二人は瞬時にウボォーギンを認識していた。

相変わらずレオリオが弱過ぎた

そして今回もレオリオさんが弱過ぎた。クラピカがパイロに襲われた際、クラピカを助けるべくパイロと戦おうとしたが敢え無く吹っ飛ばされてしまった。

「あんた仮にもハンターだろ」

と思いながらも

「まあレオリオなら仕方ないか」

という結論に達してしまった。最終的にオモカゲと戦った際もほぼゴン、キルア、クラピカの三人で戦っており(この他にもヒソカや旅団のメンバーがいたが)、レオリオが戦いにおいて貢献する事は皆無だった。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事