キルアから見たHUNTER×HUNTER

クロロ vs ヒソカはどちらが勝つのか

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい 56,390views

クロロと戦うために旅団に入ったヒソカ。グリードアイランド編の終わりで除念師を見つけクロロの念を外すことには成功したと思われるが、クロロが作中に登場することはなく、会長選挙編でのヒソカの「鬼ごっこ」という発言からも二人の対決はまだ実現していないらしい。

どちらもHUNTER×HUNTERの登場人物の中で最強クラスの念能力者である事に疑いなく、その決着には全てのファンが注目しているに違いないが、果たしてどちらが勝つのかお互いの能力や戦闘シーンを元に考察してみた。

お互いの能力

まずはヒソカの能力だが戦闘面で直接的な影響力があるのはバンジーガムだろう。ドッキリテクスチャーも使いどころによっては効果的に働くだろうが、戦闘の主体と言えばバンジーガムになってくる。これまでの戦いでもカストロ戦、ゴン戦、レイザー戦、ゴトー戦のいずれにおいても必ずバンジーガムを使用している。対してドッキリテクスチャーはカストロ戦でしか使っておらず、戦闘状況によって使用する場合とそうでない場合があることが分かる。

次にクロロに関してだがこちらはやや複雑だ。スキルハンターの盗むほうの能力は戦闘では使えないので、専ら盗んだ能力を引き出すことになるだろうがこれが難しい。既に出てきただけでも密室遊魚(インドアフィッシュ)、天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)などがありさらには陰獣の梟から盗んだ不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)もある。これら以外にもヒソカとの戦いおいて有効な能力は存在するだろうし、クロロのほうは未知数の部分が大きいと言える。

お互いの能力をまとめてみると能力に関してはクロロのほうに分があると思う。作中で色々な人物が言っているが相手の能力に対する知識は戦闘において極めて重要な要員に成り得るからだ。クロロはバンジーガムの能力について知っており、恐らくは旅団の活動の中で使用している場面も見たことがあるだろう。それに対しヒソカはスキルハンター自体に対する知識はあってもその中にどのような能力が入っているのかまでは知らない。

この情報格差を考えると能力という点ではクロロが有利だと言えるのではないのか。

クロロの弱点

先ほどはクロロにとって有利な点を書いたが今度は逆に不利だと思われる点について書いてみたい。正確に言うと不利な点というよりは能力に関して気になる点だ。クロロの唯一の戦闘場面として描かれているのはゼノ・シルバとの戦いになるわけだが、ここでスキルハンターが有効に活用されていない。ゼノの能力を盗むことに焦点を当てていたとはいえ、発動した能力の性質をあっという間に看破されてしまい特に活用することなく終わっている。能力発動時は常に片手で本を持っていなければならないという制約は戦闘の際には意外と足かせになるようで、スキルハンターを使用すると攻防のバランスが悪くなる傾向があるのかもしれない。

盗んだ能力を効率的に使えないのだとすれば応用性が非常に高く、数々の戦いでその有効性を発揮してきたバンジーガムのほうが有利に働く可能性もある。

まとめ

ここまで能力について焦点を当てて話しを進めてきたが、もちろん念能力の性質だけで勝敗が決まるわけではない。お互いのオーラの総量や攻防力の移動の早さなども実戦では重要な要素になるだろう。

しかしそのどちらも両者は高いレベルで拮抗している可能性が高く、最終的にはやはり能力の相性で決まると思う。ここまでの文章で述べてきたことをまとめるとスキルハンターの中にヒソカに対して有効な能力があればクロロ、もし大して活用できる能力がないようであればヒソカが勝つのではないだろうか。

答えは両者の対決が実現するのを気長に待つしかない。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事