キルアから見たHUNTER×HUNTER

ネテロとピトーが戦っていたらどうなっていたのか

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい 23,474views

実現することは無かった護衛軍対ネテロの戦いだが、実際に両者が激突したらどのような展開になっていたかは興味深い。結果としてメルエムには歯が立たなかったネテロだが、その部下である護衛軍と戦えば勝てていたのだろうか。

護衛軍と一言に言ってもユピー、プフ、ピトーの間にいくらかの実力差はあると考えられるため、ここでは最も情報の多いピトーに絞って考えていきたいと思う。

周囲の評価

ピトーとネテロに関する戦闘能力に関する推察は作中で三度行われている。一度目はキルアによるもので、ピトーの襲撃を受けカイトを置いて命からがら逃走した直後ネテロを見て「あんたたちも強いがそれでも奴には勝てる気がしない」と発言した。

ただしこの場でノヴが言ったように、人は衝撃的な体験をするとそれを過大に考えてしまう傾向があるためキルアの評価が正確なのかは定かではない。

二度目はネテロ自身の判断によるもので、遠目からピトーを視認した際に「あいつワシより強くね?」と発言している。あくまでも遠目でピトーの姿を確認しただけなのでこれも正確だとは言えないが、この時のネテロの精神状態を考えると先ほどのキルアの意見よりはやや正確だと考えられる。

三度目は両者の念を間近で見たことのあるコルトによる評価だ。ネテロが自らの錬を見せて意見を求められた際に「王よりも先に護衛軍に殺される」と発言した。コルトは両者の念を非常に近くで見ているため三人の中では最も正確性の高い評価だと思われる。

ピトーが上回っているもの

ピトーに軍配が上がる要素としては身体能力やオーラの総量と言った戦闘に関する基本的な部分だろう。こうした部分は実際の戦闘シーンを見ていなくても容易に判断がつくもので、ピトーの円が膨大であるのはオーラの総量が桁外れであるためだと考えられる。

ネテロが勝っているもの

戦闘技術や経験においてはネテロが確実に上回っているだろう。そのため戦局を正しく認識することができるのはネテロだろう。宮殿に侵入しようとした際、ピトーと対峙することになったネテロだが、ピトーの判断ミスを利用して一時的に戦場から遠ざけることに成功した。

まとめ

お互いに一長一短があるためどのような戦いになるか想像が付かないが、どちらかと言われればネテロに分があると思う。周囲の評判は全てオーラの総量によって下されたものだと考えると、戦闘技術が極めて未熟なピトーは予想外の苦戦を強いられる可能性が高い。

実際にユピーはハンターとの戦いで当初、経験不足から来る判断ミスや苦戦を強いられていた。相手がシュートやナックルと言ったネテロよりも遥かに弱い使い手だったため、形勢を逆転されることは無かったが、百戦錬磨のネテロであればそういった隙を見逃さないのではないか。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事