キルアから見たHUNTER×HUNTER

プーハット 

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい 13,478views

プーハットはゴンたちと同時期にグリードアイランドに入ったプレイヤーで、選考会では鋭い分析力を見せて順当に合格した。選考会では鋭い分析力を見せて順当に合格した。グリードアイランドではニッケスらに誘われてハメ組に参加することになる。その後数ヵ月間ハメ組の一員として順調に活動を行っていたが、ゲンスルーに裏切られ他のメンバー同様に命の音(カウントダウン)をセットされてしまう。

交渉役を買って出たがかえってゲンスルーの怒りを買ってしまいリトルフラワーを喰らい死亡した。登場当初のキャラの濃さからその後の物語で重要なキャラクターになるかと思われたがあっけない最後だった。

ステータス

プーハット ステータス

  • 念能力
  • 6点。念能力者として活躍する事はなかったがグリードアイランドのプレイヤー選考会を通過している。これはツェズゲラから見て『離脱(リーブ)』を獲得可能なレベルに到達していると判断された事を意味する。多くのプロハンターが『離脱(リーブ)』を入手出来ずにゲームから出られずにいる事を考えると並のプロハンターよりは優秀な念能力者なのだろう。

  • 身体能力
  • 6点。

  • リーダーシップ
  • 4点。雄弁は銀、沈黙は金。あまりしゃべり過ぎる人間はリーダーとしては不向きだろう。

  • 人望
  • 6点。初対面のゴンやキルアにも気さくに話しかけていた。悪い人間では無さそうだし人望はあるほうだろう。

  • 分析能力
  • 7点。選考会では下調べを完璧に済ませ選考人数のからくりを理解していた。実際、彼が不合格になるだろうと予測した人間は誰一人合格していなかった。

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。


関連する記事