死神の円舞曲(サイレントワルツ)

カイトの能力である気狂いピエロ(クレイジースロット)を発動すると出現する能力の一つ。キメラアントの兵隊長集団との遭遇戦でこの技の出現が確定した時、カイトは「外れだ」と発言したが、死神の円舞曲(サイレントワルツ)が集団戦用の能力であることを考えると、どうしてそのような発言をしたのかがよく分からない。

続きを読む

デメちゃん

シズクの能力で具現化した掃除機のことをシズク自身が「デメちゃん」と呼んでいる。単なる掃除機とは違い、吸い込む部分が顔になっている。また時々「ギョギョ」というわけの分からない言葉を発している。このことから「デメちゃん」は単なる掃除機ではなく、自らの意思を持った生物の一種だとする見方もある。

続きを読む

記憶弾(メモリーボム)

パクノダの使用する能力の一つ。普段は滅多に使用しない能力のようで10年以上、旅団として共に活動しているノブナガやフィンクスたちでさえパクノダが記憶弾(メモリーボム)を使用することを知らなかった。

そのためクラピカとの交渉を終えて帰ってきたパクノダが団員に向けてこの能力を使用しようとした際、多くの団員がクラピカによって操られているのではないかと疑った。

続きを読む

除念

除念とは他の念能力者が行った念を除去する能力で、数ある念能力の中でも極めて希少価値の高い能力だとされる。本当の除念が行える優秀な除念師を探すのは雪男を見つけるよりも難しいとされるほどらしいが、幻影旅団はグリードアイランドでいとも簡単に見つけてしまった。

続きを読む

4次元マンション(ハイドアンドシーク)

ノヴにとって基本となる能力。ノヴが性格的にも能力的にもバトルタイプでないにも関わらず、ネテロが討伐隊の一員として加えた理由はノヴの4次元マンションがキメラアント討伐において極めて有効活用しやすい能力だったことに起因すると考えられる。心身が憔悴しきって戦闘に参加できなかったノヴではあったが、持前の能力を活かして必要最低限の役割は全うしていた。

続きを読む