キルアから見たHUNTER×HUNTER

天空闘技場の全て

天空闘技場とは世界中から多くの強者たちが集る格闘のメッカ。世界第四位の高さを誇る建造物(HUNTER×HUNTERの世界で)で、地上251階、高さ991mを誇る。一ヶ月で平均12万人以上の格闘家が参加し、年間観客動員数は10億人を超える。

勝つほどに階が上がっていきそれに応じて待遇も良くなっていく。100階を超えると個室が与えられる。また200階を超えると突然対戦相手が念能力者だらけになるという不思議な特色を持つ。

修行とお金稼ぎのためにキルアの先導のもと二人はここを訪れた。

続きを読む

カイト 

物語の最初に登場した人物でゴンがハンターを目指すきっかけを与えた。かつてスラム街を彷徨っていたところをジンに出会い、ハンターとしての生き方を教わりそれ以来プロハンターとして活動している。ハンター試験こそ合格したもののジンに与えられた最期の試験(ハント)である「俺を探し当てる」ことを達成するため、その手掛かりを求めてジンの生まれ故郷であるくじら島に立ち寄った。

他人思いではあるがその反面厳しい性格をしており、キツネグマに襲われたゴンを助けた後その行動を咎めて裏拳を喰らわせたり、NGLでキメラアント達と対峙した際も付いてこれないようなら置いていくと発言するしている。

新アニメ版ではくじら島でカイトが登場する場面をカットしたためファンの間から激しい苦情が殺到した。

続きを読む

ズシ  

天空闘技場で登場。武者修行に来ていたゴンとキルア同様、ウイングの指導の下フロアマスターを目指して天空闘技場に来た。ゴン達と同時期に50階クラスに上がったためお互いを知り合うことになる。

基本的な戦闘スタイルは空手(もしくは柔道)を用いるもので天空闘技場ではその巧みな技で相手を翻弄した。年齢の割には優秀な使い手だが、キルアから見ると現時点ではスピードもパワーもまだまだらしい。

ウイングによってゆっくりと起こす方法で念を教えられ三か月でオーラを自在に引き出せるようになった。これは天性の才能を持っていて努力を惜しまないズシだからこそで、通常よりもかなり短い期間だと言える(ただしゴンやキルアなら一週間程度で習得可能だと言われた)。ウイングはズシの才能を非常に高く評価しており10万人に1人の才能だと語っている。

続きを読む

クロロ vs ヒソカはどちらが勝つのか

クロロと戦うために旅団に入ったヒソカ。グリードアイランド編の終わりで除念師を見つけクロロの念を外すことには成功したと思われるが、クロロが作中に登場することはなく、会長選挙編でのヒソカの「鬼ごっこ」という発言からも二人の対決はまだ実現していないらしい。

どちらもHUNTER×HUNTERの登場人物の中で最強クラスの念能力者である事に疑いなく、その決着には全てのファンが注目しているに違いないが、果たしてどちらが勝つのかお互いの能力や戦闘シーンを元に考察してみた。

続きを読む

アイザック=ネテロ 

ハンター教会会長という重責を担う人間とは思えないほど淡泊な性格をしており、初対面の人間にも自分から積極的に話しかける。キルアとゴンにハンター試験で出会った際に二人の才能を見抜き、三次試験会場へ向かう飛行船では二人とボールを使ったゲームをしている。

その性格から高い地位にある人間には思えないが、ハンターの中では非常に高い名声と人望を得ているようで、飛行船から現れた際はそれまで横暴な態度をとっていたメンチが急にかしこまり、十二支んの多くはネテロに指名された動物に合わせるため自らのキャラ(見た目や性格)を変えている。

その一方でビスケ曰く非常にいじわるな性格をしているらしく、ネテロが一ヶ月で達成しろと言ったことは普通の人だと一年はかかるものらしい。

続きを読む