キルアから見たHUNTER×HUNTER

ウェルフィン

キメラアントの師団長。女王の死後はレオルのようにメルエムの元へ行きシャウアプフに能力を開花させてもらった。レオル同様に小細工が得意な性格で、裏でこそこそ計画を練って自分が真の支配者になろうと企んでいた。

しかし宮殿の地下でハンター側に寝返ったイカルゴと遭遇し、その際自分の前世について思い出すヒントを提示された。この時の会話でウェルフィンは自分の前世の一部を思い出し、自分がジャイロの元で仕えていた事、そしてその王国がキメラアントによって殲滅された事を思い出した。

続きを読む

イカルゴ 

キメラアントの兵隊長。レオルの部隊に所属していた。タコ型のキメラアントだが、本人はイカに生まれたかったらしくタコ呼ばわりすると「タコってい言うな」と無茶なツッコミを入れてくる。当初キルアを殺害する任務を受けていたが、キルアの自分に対する態度に感激してこれを断念。逆にハンター側に寝返ることになる。

またウェルフィンにジャイロの事を思い出させた張本人で、ウェルフィンはその事に感謝してイカルゴの任務を一部手伝っている。

続きを読む

ヂートゥ 

キメラアントの師団長で前世はチーター。陽気な性格で誰に対してもフレンドリーに話しかける一方、他人を思いやる気持ちに欠けるようで時として残虐的な一面も見せる。チーターだっただけあって脚力に自信があり至近距離から放たれた銃弾を軽々と避ける事が出来る。

初めて遭遇した際は百戦錬磨のモラウとナックルですらその速さに慣れるまで時間がかかった。戦闘好きで何度もモラウに挑んだが遂に勝てなかった。その度にシャウアプフに新しい能力の発現を手伝ってもらい新しい能力を習得していた。

最期は新しい能力を試そうと嫌がるゼノを無理矢理戦闘に誘っていた所を上空から降りてきたシルバに踏みつぶされて死亡した。

続きを読む

レオル 

ライオン型の蟻で女王存命時は師団長を努めていた。前世はライオンだったという事もあり我が強く本来は女王に捧げなければならない人間を自分たちで捕食したりしていた。最初はハギャという名前だったが途中から何故かレオルに改名していた。

女王の死後は再び王になるために巣から離れていったがハンターたちの逆襲にあい、メルエムたちの下へと落ち延びる事になった。その際、シャウアプフの能力の発現を補佐してもらった。この時得た能力が謝債発行機(レンタルポッド)だった。

レオルは謝債発行機(レンタルポッド)を使用して最終的にはメルエムの能力を奪おうと考えていたがその前にモラウと遭遇。一対一の戦闘の末敗れた。
続きを読む

ザザン 

ザザンはキメラアントの女王が産んだ師団長の一人。自立心が強く自らが新しい女王となるべく、メルエムの誕生後は巣を離れて流星街へと向かった。そこで自らの王国を建設するために多くの流星街の人間を殺し自らの奴隷にしたが、フェイタンたち幻影旅団と対決して死亡した。

また師団用時代はポックルが組織していたハンターグループと遭遇して、最期まで抵抗を見せていたポックルにとどめを刺した。

続きを読む