キルアから見たHUNTER×HUNTER

キメラアントの女王

キメラアント編の最初に登場した。瀕死の重傷を負った状態でバルサ諸島に漂流したが、驚異的な生命力と「王を産む意思」から命を長らえ魚などの食糧を補充しながら兵隊蟻の出産と定住できる住み処の探索に努めた。

体長は2mを超え知能は人間に近いものを有している。また身体能力は非常に高く、人間やその他の動物は女王にとって完全な捕食対象であった。

一世代後のキメラアントよりも人間性は薄くそのため自ら名前を持つことはなく、作中登場時から最期まで「女王」と呼ばれ続けた。

続きを読む

パイク

蜘蛛(くも)型のキメラアントでサザン隊の兵隊長を務める。蜘蛛の姿をしているが顔は人間なので見た目がかなり気持ち悪い。師団長であるサザンに対しては極めて忠実な部下であるが、生物としてのレベルが低いためか潜在的な欲求を抑えきれず捕えた人間を即座に食べてしまう傾向がある(捕えた人間は女王に対する貴重な食料であるため部下が食べることは禁止されている)。

続きを読む

ラモット

キメラアントの兵隊長でコルト師団長の部下。快楽で殺人をする癖があるため、女王の命令を忠実に守り捕えた人間を全て食用として捕獲するコルトとはそりが合わなかった。ゴンとキルアの前に立ちはだかった最初のキメラアントであったが見事な連携プレーの前に敗北。

しかしキメラアントならではの驚異的な生命力で一命を取り留め、それを機に念能力を習得することになった。これによってネフェルピトーが現れる前まではキメラアントのなかで最強の存在となった(非常に短い期間であったが)。

続きを読む

オロソ兄妹

キメラアント編で登場した兄妹蟻でレオルの部下だった。キルアに対し必殺の遠隔攻撃である死亡遊戯(ダツDEダーツ)を使用し、瀕死状態にまで追い詰めたが。兵隊長クラスの蟻だと考えられるが、自らの個性にマッチした適切な能力で師団長以上の力を発揮しているように見えた。

続きを読む

メレオロン

キメラアントの師団長。名前を見て分かるようにカメレオン型のキメラアント。師団長という女王配下の蟻たちの中では極めて高い地位にいたが、レオルやヂートゥら同じ師団長たちと比べると当時はあまり登場機会が無かった。

女王の死後はザザンやレオル同様、自らが王となるべく外の世界へ出ることになる。しかしその際に人間だった頃の記憶を取り戻すと、メルエムによって殺されたペギーが自分の里親だったことを思い出す。

それによって急激に復讐心に燃えたメレオロンはメルエムを倒すためゴンに目を付けた。ゴンの秘めたる力と可能性を信じたメレオロンは自らの能力を明かして自ら討伐隊の一員として加わることを決意する。

続きを読む