キルアから見たHUNTER×HUNTER

シャウアプフ 

王の護衛軍としてネフェルピトーの次に生を受けた。ネフェルピトーが探査型、モントゥトゥユピーが肉弾戦型の護衛であるのに対してシャウアプフは参謀型の護衛だと言える。他の二人が自分で考えるような事はあまりせず本能に従って動くのに対し、プフは自分の考えをはっきりと持っておりその考えが王と喰い違った時は自身の命を賭して諫言している。

コムギとの対局の合間に王が自らの腕を千切った際には対局よりも治療を優先するよう懇願し、それが聞き入られないならば自分の首を斬るよう求めた。

続きを読む

メルエム 

キメラアント編で登場した作中最強の敵。キメラアントの女王が生物統一を果たす存在として自らの命を犠牲にして出産した。生まれた直後はとても残酷な性格で命令を即座に実行しなかった部下二人をその場で処刑した。誰にも教えられずに凝を使用しており、ネフェルピトーらと同様に生れながらにして念を使いこなせる様子。

当初は自分の能力を過信し他人の気持ちなど全く顧みなかったが、コムギと軍儀をしていくうちに他者へ配慮をするようになっていった。

続きを読む

ネフェルピトー 

ネフェルピトーはキメラアント編でメルエムの護衛軍として登場した。生まれながらにして念能力を習得しており、他のキメラアントとは比較にならないほどの戦闘能力を誇る。登場した時点では恐らく作中最強のキャラクターだったと考えられる。カイトは一瞬見ただけで死の危険を感じゴンとキルアにその場から立ち去るよう指示し、ネテロも一目見て自分以上の使い手であると感じた。

ネフェルピトーとネテロの両方を見たキルアやコルトもネフェルピトーのほうが実力が上だと判断しており、作中で登場したハンターの中で恐らく最強の実力を誇るネテロ以上の実力者だった可能性が高い。

また円の形が特殊でかつ範囲が非常に広い。円形にオーラが伸びるのではなく、アメーバ上に伸びており最も長い部分は2㎞に達する。それまで登場したキャラクターの中で最大の円の範囲がゼノの300mである事を考えると、いかにネフェルピトーの円の範囲が広いかが分かる。

続きを読む