キルアから見たHUNTER×HUNTER

イカルゴ 

キメラアントの兵隊長。レオルの部隊に所属していた。タコ型のキメラアントだが、本人はイカに生まれたかったらしくタコ呼ばわりすると「タコってい言うな」と無茶なツッコミを入れてくる。当初キルアを殺害する任務を受けていたが、キルアの自分に対する態度に感激してこれを断念。逆にハンター側に寝返ることになる。

またウェルフィンにジャイロの事を思い出させた張本人で、ウェルフィンはその事に感謝してイカルゴの任務を一部手伝っている。

続きを読む

ヂートゥ 

キメラアントの師団長で前世はチーター。陽気な性格で誰に対してもフレンドリーに話しかける一方、他人を思いやる気持ちに欠けるようで時として残虐的な一面も見せる。チーターだっただけあって脚力に自信があり至近距離から放たれた銃弾を軽々と避ける事が出来る。

初めて遭遇した際は百戦錬磨のモラウとナックルですらその速さに慣れるまで時間がかかった。戦闘好きで何度もモラウに挑んだが遂に勝てなかった。その度にシャウアプフに新しい能力の発現を手伝ってもらい新しい能力を習得していた。

最期は新しい能力を試そうと嫌がるゼノを無理矢理戦闘に誘っていた所を上空から降りてきたシルバに踏みつぶされて死亡した。

続きを読む

レオル 

ライオン型の蟻で女王存命時は師団長を努めていた。前世はライオンだったという事もあり我が強く本来は女王に捧げなければならない人間を自分たちで捕食したりしていた。最初はハギャという名前だったが途中から何故かレオルに改名していた。

女王の死後は再び王になるために巣から離れていったがハンターたちの逆襲にあい、メルエムたちの下へと落ち延びる事になった。その際、シャウアプフの能力の発現を補佐してもらった。この時得た能力が謝債発行機(レンタルポッド)だった。

レオルは謝債発行機(レンタルポッド)を使用して最終的にはメルエムの能力を奪おうと考えていたがその前にモラウと遭遇。一対一の戦闘の末敗れた。
続きを読む

パーム=シベリア 

ノヴの弟子。普段はぼさぼさの長い髪で顔全体が隠れておりその風貌は日本ホラー映画界の金字塔、貞子を彷彿とさせる。しかし髪を整えてオシャレをすると意外に可愛く、ゴンとデートをする際の姿を見た読者からは「やれば出来るじゃないか」との歓声が上がった。

ただ性格にかなりの難があり怒ると我を忘れて包丁を振り回し始めるため、本物の貞子のようになってしまう。あのビスケですらパームの邪悪(狂った)な気配を感じ取ってなるべく近づかないようにしていた。

討伐隊としての仕事は女の色気を使いビゼフ長官を利用して宮殿内をスパイするというものだったが蟻側にばれてしまい失敗。気の毒なことにネフェルピトーの手によって蟻化させられてしまった。

ちなみにパームの作る手料理は美味しいらしい。

続きを読む

マサドルデイーゴ 

東ゴルトー共和国の総帥を務める人物。豪華な宮殿に住んでおり、傍には美女をはべらせて権力片手に酒池肉林の生活を送っている。メルエムたちが到来した際は「余を誰だと思っている!」を連発したが、あっけなく殺害された。その権力だけを振りかざすだけの無能な姿を見たメルエムは呆れ、人間社会の不効率さや不子合理さを痛感した。

しかしキメラアント編の終盤で殺されたマサドルデイーゴの影武者であった事が判明し、本人は隠居して晴耕雨読の生活をしている事が明らかになった。さすがにあれだけ無能そうな人が独裁者をずっとやっていくのには設定に無理があると作者が判断しての演出といった所なのか。

続きを読む