キルアから見たHUNTER×HUNTER

緋の目

クルタ族が持つ特殊体質。感情が高ぶると一時的に眼が緋色に変化する。通常は一時的なもので興奮が収まってしばらくすると眼の色は戻るのだが、緋色の状態で死亡すると眼の色は緋色のまま残る。この緋色の目は世界で最も美しいものの一つに数えられ「世界七大美色」と呼ばれている。

そのためヨークシンの地下競売でも数10億ジェニーの値が付くほどの人気振りだった。作中登場直後の話しを聞く限り、クラピカはこの緋色の目を求めて幻影旅団はクルタ族を襲ったものと考えている。

続きを読む

『緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』の突っ込み所

『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』を見て思わず「おい富樫(先生)!」と突っ込みたくなるようなシーンが幾つかあったのでそれについて語っていきたいと思う。劇場版を見た人には共感してもらえる内容なのではと個人的には期待しているのだが……実際のところ私の独りよがりなのだろうか?

続きを読む

HUNTER×HUNTERの映画を見た感想

『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』が公開されてからすでに3ヶ月が過ぎた。時が経つのは早いものだと痛感させられるものだが、そんな劇場版の感想について話してみようと思う。公開から大分経っているので今さら感が満載だが、まだ見ていない人もいるだろうからそういった人たちの参考になれば幸いだ。

基本的には映画を見ていない人へ向けての感想なのでネタバレは極力しないようにする。なので映画を見た人にとっては物足りない内容になるかもしれない。ネタバレ満載の映画感想はまた今度、別の記事で書こうかなと思っている。

ちなみに私は劇場公開二日目に「そいういえば昨日HUNTER×HUNTERの映画が公開日じゃないか!」と気付き一人で映画を見に行った。

続きを読む

HUNTER×HUNTERの0巻について

『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』の公開に合わせて劇場版を見に来た人限定に配布された漫画。内容は以前ジャンプに掲載されたクラピカの過去編、もう少し正確に言うとクルタ族の集落で暮らしていた時の話しが描かれている。

興行的には同じくジャンプの人気漫画である『NARUTO』の劇場版を抜いて『ONE PIECE』に次ぐ成功を収めたそうだが、その大きな原動力となったのがこの0巻の存在だとも言われている。

個人的にはそんな事も無いだろうと思うのだが、実際のところ0巻が楽しみで映画を見に行った人はどのくらいいるのだろうか?

続きを読む

ハンターハンターの再開はいつになるか in 2013年

2013年4月現在、休載しているHUNTER×HUNTERだが一体いつ再開するのだろうか。昨年末に劇場版が公開されたことにより再開の機運が一気に高まったが、実際は未だに休載中になっている。

HUNTER×HUNTERと言えばベルセルクと並ぶ「全然進まない人気漫画」だが実際にどのくらい休載しているのか?

それらのデータをまとめる事で、いつ頃再開されるのかを予測してみたいと思う。

続きを読む